スタッフブログ

Staff Blog

2021年4月29日 / 性能

タナカホームズ ZEH普及目標ついて(2020年実績報告・2025年までの目標)

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ゼッチ)とは、家の中で使うエネルギーをプラスマイナス0(ゼロ)とする家です。

断熱性能を高めたり、エネルギー効率が良い設備を採用することで家の中で使うエネルギーを減らし、さらに太陽光発電などでエネルギーを創りだすことにより、年間のエネルギー消費量や光熱費が計算上0(ゼロ)になる家であり、家計にも地球にも優しい家になることが最大のメリットです。

 

日本では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で「ZEH」の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

 

 

タナカホームズ(田中建設株式会社)のZEH実績と目標

 

タナカホームズは、一般財団法人 環境共創 イニシアチブ(SII)に登録されている”ZEHビルダー”です。

 

ZEHビルダーとは、

「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政府目標の下、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカーや工務店などとすると定められています。

 

 

ZEHに対する国の目標

経済産業省では、

「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」、

「2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すこと」を目標としています。

 

タナカホームズでは、ZEHや快適に過ごせるいい家をできるだけ多くの人に提供できるよう「適正価格」を追及するとともに、これからも企業努力を続けてまいります。

お気軽にお問い合わせ下さい