スタッフブログ

Staff Blog

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 山口・広島で注文住宅建てるなら|4LDKの注文住宅におすすめの間取りとは?例を挙げて詳しく解説 vol.2

2020年5月29日 / 家づくり

山口・広島で注文住宅建てるなら|4LDKの注文住宅におすすめの間取りとは?例を挙げて詳しく解説 vol.2

前回の続きです。

まだ見てない方はこちら!!!

↓    ↓    ↓

https://www.tanaken.co.jp/blog/details_22.html

 

 

では、さっそくやってきます!

 

 

□間取りのタイプ

 

4LDKは比較的部屋数の多いつくりです。

そのため、各部屋をどのように繋ぐかというのがポイントになってきます。

 

*各部屋が廊下に面するタイプ

 

玄関から廊下に向かい、そこから各部屋に移動する間取りです。

各部屋はそれぞれ独立しているので、プライバシー性が高くなります。

また、隣接する部屋を連絡させるかどうかは自由です。

連絡させることで、より広い一つのスペースとしても活用できます。

 

*リビングをハブに各部屋へ向かう間取り

 

全ての部屋がリビングに連絡している間取りもあります。

この場合、どこかの部屋に向かうには必ずリビングを通らないといけません。

そのため、先ほどの間取りと比べプライバシー性は劣ります。

しかし、リビングを通る際にコミュニケーションが生まれるというメリットもあります。

家族仲が良い場合にはおすすめできる間取りです。

 

*その他の間取り

 

間取りは自由なので、上二つに当てはまらないものもあります。

また、完全に全部屋を独立させるのではなく、いくつかをリビングの奥に配置するなど、折衷案的なものもあります。

基本的な考え方は、部屋をどのように配置するかという点で違いありません。

 

 

□まとめ

 

4LDKは間取りを比較的自由に設計できます。

家族のライフスタイルに合った間取りにすることで、より住みやすくなったりコミュニケーションをとりやすくなったりします。

また、普段の生活を意識した間取りにすることで、家事の負担も少なくなります。

ぜひ上手に間取りを決めて、快適な日々をお過ごしください。

 

タナカホームズでは山口県(宇部市・防府市・萩市・長門市・下関市・岩国市)

         広島県(広島市・廿日市市・大竹市)で施工可能です。

お気軽にご相談ください!

お気軽にお問い合わせ下さい