スタッフブログ

Staff Blog

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 山口・広島で注文住宅建てるなら|注文住宅では家事動線を考えた間取りを!防府市の建設業者が解説

2020年6月12日 / 家づくり

山口・広島で注文住宅建てるなら|注文住宅では家事動線を考えた間取りを!防府市の建設業者が解説

新しく住宅を建てたいとお考えではありませんか?

きっと、間取りや設備について、希望があってのことでしょう。

しかし、意外と見落とされがちなのが、「家事がスムーズにいく間取りかどうか」という点です。

 

家事動線を考えておかないと普段の生活にストレスが溜まってしまいます。

ここでは、家事動線を上手く設定するために必要なポイントをご紹介します!

 

 

□家事動線とは

 

家を建てた後で、間取りについて不満を感じてしまうというケースがあります。

これは、家事動線がうまくいっていないところに原因があります。

家事動線は、スムーズに家事ができるような間取りを考えることです。

例えば、洗濯機(多くの場合洗面所)と洗濯物を干す場所が遠ければ、それだけ移動に時間と労力がかかることになります。

このような想定の上、間取りを考えることが大切なのです。

 

 

□上手な家事動線の例

 

*家事をする部屋を近づける

 

家事というのは、一つ一つ別に片付けるというよりは、同時並行することが多いものです。

そこで、家事をするであろう部屋を近くに配置しておくことが大切です。

 

具体的には、洗面所とキッチンを近くにしておくと非常に便利です。

洗濯機を回している間、キッチンで料理をする場合を想定すれば、近ければ近い方が快適ですね。

また、子供がいる家庭はリビングに行き来がしやすいと、目が届きやすいでしょう。

 

*キッチンの間取りを考える

 

キッチンの間取りには対面型、アイランド型など様々あります。

広いキッチンは開放的で、外観は素晴らしいものです。

しかし、実際の家事に関してはより実用的なことも考えなくてはなりません。

例えば、食事をする机とキッチンが遠いと、料理や食べ終わった後の洗い物を運ぶ手間が増えます。

また、冷蔵庫とシンクが遠いと何往復もするのに大変不便です。

キッチンは一日に何度も使う場所です。

実用的な面も意識して、間取りを考えましょう。

 

*玄関から遠いと困る場所を考える

 

玄関から遠いと、外からの荷物を運びにくいということになります。

例えば食材を買ってきたときに、キッチンまでの距離が遠いと持ち運びに長い時間がかかってしまうでしょう。

位置を近くする他に、直線的な廊下で繋いだり、障害物になるものが置かれにくい間取りにすると良いです。

普段の生活スタイルを思い返してみて、間取りを決定することが大切です。

 

*行き止まりの少ない間取り

 

家の間取りに行き止まりが多いと、部屋と部屋の行き来がスムーズにいきません。

できるだけ、部屋から部屋へ立ち止まらずに移動できる間取りだと、ストレスのない生活が送れます。

また、掃除のときにもこの間取りは役立ちます。

掃除機を引っ張ってあちこち移動するのはとても大変です。

部屋を繋ぐ通路に行き止まりが少ないと、スムーズに家中を回ることができます。

 

□まとめ

 

部屋の間取りは外観で決めるのも良いですが、実用的な面もよく考慮することが大切です。

新しい家ということで、そこでの生活を想像するのは難しいかもしれません。

そんなときは、普段の家事について考えてみてください。

家事がスムーズにいくような間取りにできれば、日々の生活のストレスも軽減されますよ。

 

タナカホームズでは、山口県(山口市・宇部市・防府市・萩市・長門市・下関市)

          広島県(廿日市市・大竹市・広島市)で注文住宅の建築が可能です。

 

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい