新着情報

RSS
ニュース

フラット35勉強会

2013/07/26 |
たなけんブログ, ニュース

本日営業マン向けのフラット35勉強会が住宅支援機構主催でありましたので参加してきました。

フラット35は当社でも取扱っておりますが、住宅支援機構(旧住宅金融公庫)の全期間固定型住宅ローンです。

35年間固定金利で支払額が変わらないので「フラット35」と呼ばれています。

私も普段取扱いしているので説明は復習的な内容でしたが、気になる金利動向について、シンクタンクの金利見通しでは平成25-26年の金利は長期金利(全期間固定タイプの金利)は微増、短期金利(変動タイプの金利)は変わらずらしいです(あくまで予想ですが・・!)。

 

ちなみに、フラット35等の全期間固定金利タイプの住宅ローンは市場金利(10年物国債)に連動し、変動金利タイプの住宅ローンは政策金利(日銀が決定、現在は0金利)に連動していますので、全期間固定金利タイプの方が市場金利や景気に影響されます。(確かにフラット35の金利は毎月変動しますが、市内金融機関の変動金利はここ数年ほとんど変化無し!)

フラット35の取扱いは、アベノミクスにより景気が良くなる=日銀が政策金利を上げる=変動金利があがる、の予想もあるのか、ここ数ヶ月取扱いが増加しているそうです。

金融緩和で固定金利が4月以降若干上がってきましたが、そろそろ落着いてきたようで、いずれにしてもまだまだ低金利です。

2,000万円を35年ローンで借りると、金利が0.1%上がると総支払が43万円増え、1%上がると450万円増えますので、金利上昇は消費税増税増税以上に影響します!

固定金利も変動金利もメリット・デメリットありますので最終的にはお客様のライフプランと収入により、リスクをどこまで許容できるかで決定することになると思います。

あと、支払リスク回避に大容量太陽光設置による副収入もおすすめ!

リビング階段取付

2013/07/26 |
ニュース, 現場リポート

展示場、イシンホームHEIG階段が設置されています。

イシンホーム標準仕様のリビング階段ですが、当社では初取付になります(^^;)!

空間が広くみえてなかなかgood!です。

 

外部では外構工事に取掛かっております。

 

8/10~13日の完成見学会へのご来場お待ちしております!

産業用太陽光設置工事

2013/07/24 |
ニュース, 現場リポート

JA様吉部倉庫、産業用太陽光発電30kw(パネル120枚)設置いたしております。

屋根改修と合せて工事させていただき、本日より発電開始しました。

 

屋根改修・設置前の写真です。

消費税増税”前”と”後”はどちらがお得?

2013/07/22 |
たなけんブログ, ニュース

まだ消費税増税が決定しているわけではありません(10月に閣議決定で決まる)が、上がる前提で、住宅業界ではハウスメーカーを中心に消費税駆込み需要(9月末までの契約か3月末までのお引渡)が起きています。

3月末引渡までが5%ですので、うまくいけば実際は10月中契約くらいまで5%でいけますが、引渡が1日でも遅れると8%物件となってしまいます(特にギリギリでの駆込みリフォームは注意!)。 9月末までに契約しておくと、お引渡が4月を過ぎても5%です!(但し追加工事は別です)

 

消費税増税後にも緩和措置として給付金と住宅ローン減税枠の拡充により「そんなに変わらない」という声もありますが、実際はどちらがお得でしょうか?

 

結論から言うと、大多数の方は「増税”前”の方がお得です!」

 

正しく計算する上でポイントは3つあります

1. 消費税が上がればそれに伴い住宅ローンが増え支払利息も増えます。

2. 住宅ローン減税額は「ローン残高×1%」か「所得税+住民税」のいずれか低い金額ですが、ほとんどの方は「所得税+住民税」で決まりローン減税枠が増えてもそこまでの恩恵を受けません。(実際は10~30万程度の減税)

3. 給付金は年収510万円以下の人が対象で年収に応じ30万~10万円もらえます。

 

年収と借入金額が決まれば具体的な数字が計算が出来ますが、

例えば、年収400万円で扶養2名の方が2,500万円(税別)の住宅を35年ローン(金利2%)で購入したとすると、

消費税増税分3%で75万円の増額ですが、利息を加えた返済総額は、

消費税5%の時=3,652万円

消費税8%の時=3,756万円

となり実際の利息込みのトータル増額は104万円です。

これに給付金が最大30万円もらえ、住宅ローン減税拡充効果が約20万とすると、104万-50万=54万円 増税前の方が計算上お得な結果になります!

もちろん、じっくり検討する為に、急がないという選択も有りだと思います。

いずれにしても大きい金額ですので、実際のトータル額を知った上で、比較検討することが大切と思います!

 

基礎鉄筋工事

2013/07/21 |
ニュース, 現場リポート

 

M様邸基礎、土工事と鉄筋工事が完了しています!

基礎はコンクリートベタ基礎で鉄筋15cm間隔でをしっかり入れています。

 

 

鉄筋の下のシートは湿気が上がってくるのを防ぐ為に敷く防湿シートです。

お盆前に上棟予定ですので来週いっぱいでコンクリート工事を行い基礎完成予定です!

 

 

 

 

基礎着工

2013/07/15 |
ニュース, 現場リポート

M様邸新築、本日より基礎工事に着工しております!

 

太陽光10.5kw搭載で20年間ローン1/2住宅 となっております。

 

 

建物床面積33坪ですが、屋根一面10.5kwの太陽光搭載で月々(約)3.5万円の売電収入が20年間見込める売電収益型住宅です!


太陽光パネル取付

2013/07/12 |
ニュース, 現場リポート

既存屋根と新築したガレージへ太陽光パネルの取付を行っております!

 

合計18kw、の大容量です。

 

ローン0円住宅モデルハウス完成見学会開催!8/10-8/13

2013/07/10 |
イベント情報, ニュース

ローン0円住宅モデルハウス完成見学会を

8月10日(土)~8月13日(火) 4日間開催いたします!

消費税増税前、太陽光がお得な今!

イシンホームのローン0円住宅モデルハウスをぜひご見学下さい!!

カーローンを組まれる場合は注意しましょう!

2013/07/09 |
たなけんブログ, ニュース

家を建てる場合、ほとんどの方が住宅ローンを組まれますが、その際既存のカーローン等借入れがあると、額にもよりますが住宅ローンが組みにくくなります.

 

例えば、月給30万円(年収360万円:税込)だとすると、住宅ローンの返済は年収の約3割以内となりますので、月々の住宅ローン審査での返済可能額は9万円となります。

9万円返済で、35年ローン・金利2%とすると借りられるローン総額は2,700万円です。

 

仮にカーローンを月々3万5千円返済中ですと、住宅ローン審査では9万円-3.5万円=5.5万円までとなってしまい、同じ年収でありながら住宅ローン借入れ可能な総額は1,660万円となってしまいます。

 

ローン破綻を防ぐために住宅ローンの返済は他のローンと合せて年収の3割までという制限で算出されるのですが、逆に住宅ローンを組んだあとでカーローンを組むことは可能です。

 

住宅を近いうちに計画中であれば、先に住宅ローンを組んでからカーローンや他のローンを組む様に計画をされた方が資金計画はスムーズですのでご注意ください!!

 

また、すでにカーローン等返済中という方も、条件によっては希望借入れ可能な資金計画を立てることも出来ますのでご相談下さい!

 

 

 

12

お電話でのお問合わせ

  • TEL:0838-22-1394
  • WEBからのお問合わせ
フォームから簡単ご依頼 不動産売却/無料査定 省エネのエコ住宅 最新技術の提供 地域密着だからできる施工後のアフターケア・メンテナンス お客様の声 たなけんブログ イシンホーム住宅研究会 ローコスト企画型2×4住宅 デザインハウス山口防府