新着情報

RSS
ニュース

消費税増税”前”と”後”はどちらがお得?

2013/07/22 |
たなけんブログ, ニュース

まだ消費税増税が決定しているわけではありません(10月に閣議決定で決まる)が、上がる前提で、住宅業界ではハウスメーカーを中心に消費税駆込み需要(9月末までの契約か3月末までのお引渡)が起きています。

3月末引渡までが5%ですので、うまくいけば実際は10月中契約くらいまで5%でいけますが、引渡が1日でも遅れると8%物件となってしまいます(特にギリギリでの駆込みリフォームは注意!)。 9月末までに契約しておくと、お引渡が4月を過ぎても5%です!(但し追加工事は別です)

 

消費税増税後にも緩和措置として給付金と住宅ローン減税枠の拡充により「そんなに変わらない」という声もありますが、実際はどちらがお得でしょうか?

 

結論から言うと、大多数の方は「増税”前”の方がお得です!」

 

正しく計算する上でポイントは3つあります

1. 消費税が上がればそれに伴い住宅ローンが増え支払利息も増えます。

2. 住宅ローン減税額は「ローン残高×1%」か「所得税+住民税」のいずれか低い金額ですが、ほとんどの方は「所得税+住民税」で決まりローン減税枠が増えてもそこまでの恩恵を受けません。(実際は10~30万程度の減税)

3. 給付金は年収510万円以下の人が対象で年収に応じ30万~10万円もらえます。

 

年収と借入金額が決まれば具体的な数字が計算が出来ますが、

例えば、年収400万円で扶養2名の方が2,500万円(税別)の住宅を35年ローン(金利2%)で購入したとすると、

消費税増税分3%で75万円の増額ですが、利息を加えた返済総額は、

消費税5%の時=3,652万円

消費税8%の時=3,756万円

となり実際の利息込みのトータル増額は104万円です。

これに給付金が最大30万円もらえ、住宅ローン減税拡充効果が約20万とすると、104万-50万=54万円 増税前の方が計算上お得な結果になります!

もちろん、じっくり検討する為に、急がないという選択も有りだと思います。

いずれにしても大きい金額ですので、実際のトータル額を知った上で、比較検討することが大切と思います!

 

お電話でのお問合わせ

  • TEL:0838-22-1394
  • WEBからのお問合わせ
フォームから簡単ご依頼 不動産売却/無料査定 省エネのエコ住宅 最新技術の提供 地域密着だからできる施工後のアフターケア・メンテナンス お客様の声 たなけんブログ イシンホーム住宅研究会 ローコスト企画型2×4住宅 デザインハウス山口防府