新着情報

RSS
ニュース

住まいは冬を旨とする!?

2013/07/05 |
たなけんブログ, ニュース

だんだんと蒸し暑く不快指数の高い季節になってきました。

徒然草で吉田兼好は「住まいは夏を旨とすべし」と記し、「住宅は夏の暑さをしのぐ事に重点をおいて建てなさい」との意味の通り、昔の住宅は、日差しを防ぐ深い庇や、壁が少なく風の通る開放的な間取りで建てられて来ました。

 

時代は変わり、現在の家造りは「冬を旨」とした断熱性能を上げた住宅造りが主流です!

冷房機器の無かった時代から、電気エネルギーを使い、一年を通じていかに省エネで快適に過ごすかを考える家造りになってきているからです。

一年を通じて快適さをコントロールするためには、家の基本的な性能である断熱性(熱が逃げるのを防ぐ)・気密性(スキマを少なくする)が求められます。

 

さらに、電気を太陽光で補い、地球と家計の負担を少なくし、エネルギーを自給・売電するのが現代のスマート(賢い)な住宅造りとなっています。

当社の家造りでは、ご入居されるお客様が一年を通じて快適に生活できる高い性能と、高性能太陽光の売電でローン不安の無い住宅造りを目指しています!

 

お電話でのお問合わせ

  • TEL:0838-22-1394
  • WEBからのお問合わせ
フォームから簡単ご依頼 不動産売却/無料査定 省エネのエコ住宅 最新技術の提供 地域密着だからできる施工後のアフターケア・メンテナンス お客様の声 たなけんブログ イシンホーム住宅研究会 ローコスト企画型2×4住宅 デザインハウス山口防府