新着情報

RSS
ニュース

アーカイブ

絶対に失敗しない間取りの注意点とは?防府市で注文住宅を検討している方へ!

2019/08/03 |
たなけんブログ, ニュース

「注文住宅を考えているが、どのような間取りにすればいいかわからない。」

「これから注文住宅をする上で、重要視するべき点は、どこ?」

このようなお悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?

ほとんどの方にとって、注文住宅は人生で1番高い買い物になるでしょう。

この重要な機会で、全て業者に頼るのではなく、ご自身の意見も言えると理想の家をつくれます。

理想の家とは、住んでいて快適な家、または満足できる家です。

このような家で重要な点は、適切な間取りを決めることです。

そこで今回は、間取りを決める際の注意点についてお話しします。

 

 

□間取りを決める際の注意点

 

間取りを決める際の注意点は、毎日通る導線をイメージすることです。

家族全員が、朝から夜まで、どこで何をするのかをイメージすることで、導線は計画できます。

導線の中でも、家事動線はとても重要です。

家事動線が良い場合は、様々な家事がスムーズに進み、家事が楽になります。

ぜひ、家事動線はご自身で考えることをおすすめします。

 

 

□家事動線のポイント

 

利便性がいい家事動線を作るためには、3つのポイントを押さえる必要があります。

 

*家全体について

 

家事をより簡単にするためには、無駄のないように動く必要があります。

まず、「家事動線」は、家事をする際に移動する経路のことです。

この家事動線は注文住宅を建てる前に決める必要があります。

経路の無駄をなくすためには、キッチンや洗面所、ベランダをなるべく近くにする必要があります。

つまり、移動にかかる時間を最小限に抑える必要があるということです。

例えば、キッチンの横に洗面所がある場合、ドア1枚で行き来できるので、朝の時間を短縮できます。

お子さんの朝食を作り、食べさせながら、洗濯物を回し、身支度を行うことができます。

もし、洗面所とキッチンが遠い場合、洗濯機を回すことができません。

無理やりした場合でも、洗濯機から干す作業は、後回しになります。

様々な用途の部屋の配置を工夫することで、時間を節約できます。

 

*キッチンについて

 

キッチン周りだけでも、利便性をあげることができます。

キッチンは、広いからいいというわけではありません。

もし大家族で住む場合は広い方がいいですが、1人で料理をする場合は、すぐに手が届く広さが適切です。

例えば、コンセントの位置と数を工夫すると、料理の手間が省けます。

コンセントが必要な機器は、キッチンの中でコンセントの近くにおきます。

しかし、コンセントがある場所の近くに、ものが多いと困ります。

料理をする手間に、片付けが加わります。

このようなことがないように、できるだけ整理できているキッチンを作るためにはコンセントが必要です。

 

*掃除について

 

掃除は、日常的に行うことです。

この掃除を円滑に行うためには、できる限りものが散らかっていない状況を作る必要があります。

そこで、収納の数や場所を考えましょう。

収納が必要な場所とどのくらいの量のものを置くのかについても考える必要があります。

収納がうまく使える家は、掃除が楽になります。

 

*洗濯について

 

洗濯をする際に、洗濯機から干す場所まで遠い場合、干し終わるまで時間がかかります。

「洗う、干す、たたむ、しまう」といった流れを把握することによって、家の中のどこに洗面所やベランダを置くかを決めましょう。

もし、洗濯物を収納するのが難しい時は、パジャマやタオルのように、洗面所で使うものだけ収納する場所を用意するだけでも楽になります。

 

 

□まとめ

 

今回は、間取りを決める際の注意点についてお話ししました。

間取りを決める際に大切なことは、家事動線です。

家事動線が悪いと、お母さんの機嫌を損ね、家の中の雰囲気も悪くなります。

また、家事動線が良いと、時間のロスも減ります。

この記事を参考に、理想の家をつくってみてくださいね。

 

お電話でのお問合わせ

  • TEL:0838-22-1394
  • WEBからのお問合わせ
フォームから簡単ご依頼 不動産売却/無料査定 省エネのエコ住宅 最新技術の提供 地域密着だからできる施工後のアフターケア・メンテナンス お客様の声 現場体験レポート たなけんブログ イシンホーム住宅研究会 ローコスト企画型2×4住宅 デザインハウス山口防府 不動産新着ナビ(山口版) 土地活用(ふるさぽ) 田中建設では正社員を募集しております